Softwear Engineering Laboratory

ソフトウェア工学研究室では,ソフトウェアを取り巻く課題に,理論と実践の両面から取り組んでいます.ソフトウェアの開発・利用形態が多 様化する今日,既存の理論・手法に学生の好奇心や柔軟な思考をうまく組み合わせていくことで,これまでにないブレークスルーが実現すると考えてい ます.

Research

  • Paradigm /バグを自動で防ぐ

    具体的にはソースコードの可視化や、自然言語処理、GitHubでの自動ソースコード修正などを行っています。ソフトウェアのバグの予防と修正に取り組みます。
  • Human /プログラムの能力・活動を調べる

    ソフトウェア開発時に発生する作業の多くは、開発者が頭の中で行う認知的・心理的プロセスです。 私たちは視線や脳活動の計測から、開発者がいつものようにソフトウェア開発を行っているかを定量的に明らかにしています。
  • Ecosystem /製品を蓄積・活用する

    ソフトウエア製品の活用により生じる問題(バグ、脆弱性、依存関係など)の解決などに取り組みます。 具体的にはライブラリの再利用に関する分析や、また、説明書(README)の記述に関する研究も行っています。
  • コミュニティ/共同作業を促進する

    そのために、私たちはオープンソースソフトウェアの焦点に、共同作業を促進させる研究を進めていきます。 ここではコードレビュレーションと一緒に考える研究です。紹介します。

Blog entries

ソフトウェア工学研究の日々

ソフトウェア工学の学術研究を紹介する記事です!

Topics