解説
[1] 松本健一, 井上克郎, 鶴保征城, 鳥居宏次, "学と産の連携による基盤ソフトウェアの先進的開発:5.産官学連携によるエンピリカルソフトウェア工学の実践データに基づく実証的アプローチ ," 情報処理, volume 49, number 11, pages 1257-1264 2008年11月.
[2] 井上克郎, 松本健一, 鶴保征城, 鳥居宏次, "実証的ソフトウェア工学環境への取り組み," 情報処理, volume 45, number 7, pages 722--728 2004年7月.
論文誌
[1] 神谷芳樹, マイク・バーカー, 松本健一, 鳥居宏次, 井上克郎, 鶴保征城, "現場データを産学で共有するソフトウェア工学研究のための枠組み," 産学連携学, volume 2, number 2, pages 26-37 2006年3月.
[2] 大和正武, 門田暁人, 松本健一, 井上克郎, 鳥居宏次, "一般的なGUIに適した視線・マウス併用型ターゲット選択方式," 情報処理学会論文誌, volume 42, number 6, pages 1320--1329 2001年6月.
[3] 森崎修司, 白石裕美, 大和正武, 門田暁人, 松本健一, 鳥居宏次, "機能実行履歴を用いたソフトウェア機能の発見支援システム," 電子情報通信学会論文誌D-I, volume J84-D-I, number 6, pages 755--767 2001年6月.
[4] 阪井誠, 久保田益史, 沖田昌也, 松本健一, 鳥居宏次, "レガシーな組み込みソフトウェアの改良支援ツール," 電子情報通信学会論文誌, volume J84-D-I, number 6, pages 745--754 2001年6月.
[5] 門田暁人, 松本健一, 飯田元, 井上克郎, 鳥居宏次, "Javaクラスファイルに対する電子透かし法," 情報処理学会論文誌, volume 41, number 11, pages 3001--3009 2000年11月.
[6] 森崎修司, 門田暁人, 松本健一, 井上克郎, 鳥居宏次, "機能実行履歴を用いたソフトウェア利用知識の共有," 情報処理学会論文誌, volume 41, number 10, pages 2770--2781 2000年10月.
[7] 大和正武, 門田暁人, 高田義広, 松本健一, 鳥居宏次, "視線によるテキストウィンドウの自動スクロール," 情報処理学会論文誌, volume 40, number 2, pages 631--622 1999年2月.
[8] 門田暁人, 高田義広, 鳥居宏次, "ループを含むプログラムを難読化する方法の提案," 電子情報通信学会論文誌D-I, volume J80-D-I, number 7, pages 644--652 1997年7月.
[9] 島和之, 松本健一, 鳥居宏次, "ソフトウェアフォールトごとの故障生起頻度の違いについての考察," 電子情報通信学会論文誌, volume J79-D-1, number 12, pages 1203--1210 1996年12月.
[10] 島和之, 松本健一, 鳥居宏次, "モジュール交換手法によるマルチバージョンソフトウェアの信頼性向上," 電子情報通信学会論文誌, volume J79-D-I, number 9, pages 558--566 1996年9月.
[11] 井上克郎, 渡辺淳志, 飯田元, 鳥居宏次, "ソフトウェア品質保証規格ISO9000-3に基づく管理プロセスの記述とその比較," 情報処理学会論文誌, volume 36, number 2, pages 453--462 1995年2月.
[12] 植田良一, 練林, 井上克郎, 鳥居宏次, "再帰を含むプログラムのスライス計算法," 電子情報通信学会論文誌D-I, volume J78-D-I, number 1, pages 11--22 1995年1月.
[13] 高田義広, 鳥居宏次, "プログラマのデバッグ能力をキーストロークから測定する方法," 電子情報通信学会論文誌D-I, volume J77-D-I, number 9, pages 646--655 1994年9月.
[14] 高田義広, 松本健一, 鳥居宏次, "ニューラルネットを用いたソフトウェア信頼性予測モデル," 電子情報通信学会論文誌D-I, volume J77-D-I, number 6, pages 454--461 1994年6月.
[15] 荻原剛志, 飯田元, 井上克郎, 鳥居宏次, "LZW法に移動窓を組み合わせたデータ圧縮方式について," 電子情報通信学会論文誌, volume J76-A, number 11, pages 1593--1602 1993年11月.
[16] 飯田元, 三村圭一, 井上克郎, 鳥居宏次, "ソフトウェア協調開発プロセスのモデル化とそれに基づく開発支援システムの試作," 情報処理学会論文誌, volume 34, number 11, pages 2213--2222 1993年11月.
[17] 楠本真二, 松本健一, 菊野亨, 鳥居宏次, "ペトリネットによるプログラム開発演習のモデル化とそのモデルによるプログラマ作業効率の定量的評価," 電子情報通信学会論文誌D-!), volume J76-D-!), number 9, pages 484--492 1993年9月.
[18] 松永泰明, 飯田元, 荻原剛志, 井上克郎, 鳥居宏次, "図式表現を用いたソフトウェアプロセス構成・実効システムの試作," 電子情報通信学会論文誌D-!), volume J76-D-!), number 6, pages 324--326 1993年6月.
国際会議
[1] 楠本真二, 松本健一, 菊野亨, 鳥居宏次, "A Model-Based Approach for Software Test Process Improvement," Proceedings of First IFIP/SQI International Conference on Software Quality and Productivity, pages 200--307 1994年12月.
[2] 工藤英男, 松本健一, 鳥居宏次, "An Integrated Supporting System for Learning Different Kinds of Software Design Methods," Software Education Conference, pages 34--41 1994年11月.
[3] 井上克郎, 渡辺淳志, 飯田元, 鳥居宏次, "Modeling Method for Management Process and Its Application to Cmm and Iso 9000-3," Proceedings of Third International Conference on the Software Process, pages 85--98 1994年1月.
[4] 飯田元, 井上克郎., 鳥居宏次, "Using Process Descriptions and Templates of Communication Flow," Proceedings of 9th International Software Process Workshop, pages 74--77 1994年1月.
[5] 高田義広, 松本健一, 鳥居宏次, "A Programmer Performance Measure Based on Programmer State Transitions in Testing and Debugging Process," Proceedings of 16th International Conference on Software Engineering, pages 123--132 1994年.
[6] 鳥居宏次, "Analysis in Software Engineering," Proceedings of 1994 Asia-Pacific Software Engineering Conference, 1994年.
国内会議(査読付き)
[1] 花川典子, 松本健一, 鳥居宏次, "作業分割による増加工数を考慮した工数見積もりモデルの提案," 第9回ソフトウェアの基礎ワークショップ(FOSE2002), 2002年11月.
[2] 門田暁人, 飯田元, 松本健一, 鳥居宏次, "安全な鍵付きプログラムによるソフトウェア保護," ソフトウェアシンポジウム'98論文集, pages 108--115 1998年6月.
招待講演
[1] 井上克郎, 松本健一, 鳥居宏次, "実証的ソフトウェア工学環境とEASEプロジェクトについて," クリティカルソフトウェアワークショップ2004 , 2004年3月.
研究会・全国大会等
[1] 阪井誠, 大平雅雄, 横森励士, 松本健一, 井上克郎, 鳥居宏次, "EPM: 導入の容易な開発データ自動収集・分析支援システムの試作 ---お手軽にリアルタイムの生データ---," ソフトウェア・シンポジウム2004, pages 119--127 2004年6月.
[2] 大平雅雄, 横森励士, 阪井誠, 松本健一, 井上克郎, 鳥居宏次, "Empirical Project Monitor: プロセス改善支援を目的とした定量的開発データの自動収集・分析システムの試作," 電子情報通信学会技術報告, ソフトウェアサイエンス研究会, number SS2003-48, pages 13--18 2004年3月.
[3] 井上克郎, 松本健一, 鳥居宏次, "実証的ソフトウェア工学環境とEASEプロジェクトについて," クリティカルソフトウェアワークショップ2004, 2004年3月.
[4] 寺井淳裕, 内田眞司, 島和之, 武村泰宏, 松本健一, 井上克郎, 鳥居宏次, "ソースコードの並び替えによるソフトウェアの問題発見手法," 電子情報通信学会技術研究報告, ソフトウェアサイエンス研究会, volume 100, number SS2000-52, pages 81--88 2001年1月.
[5] 森川昌平, 花川典子, 松本健一, 井上克郎, 鳥居宏次, "認知構造の違いによる生産性の変化を考慮したソフトウェア開発シミュレーションモデル," ソフトウェア工学研究会, volume 2000, number 4, 41-? 2000年1月.
[6] 門田暁人, 飯田元, 松本健一, 鳥居宏次, "Javaプログラムを対象とする電子透かし法," 日本ソフトウェア科学会第16回大会論文集, pages 253--256 1999年9月.
[7] 中西正洋, 島和之, 松本健一, 井上克郎, 鳥居宏次, "脳波データを用いたユーザビリティ評価実験の考察," 電子情報通信学会技術研究報告, pages 17--24 1999年7月.
[8] 阪井誠, 久保田益史, 沖田昌也, 松本健一, 鳥居宏次, "レガシーな組込みソフトウェア改良のための支援ツール," ソフトウェア・シンポジウム'99, pages 59--66 1999年6月.
[9] 伊藤充男, 森崎修司, 門田暁人, 松本健一, 鳥居宏次, "デバッグ時間の短縮を目的とする二人によるデバッギングの実験的考察," 電子情報通信学会技術報告,人工知能と知識処理, volume 98, number 634, pages 45--52 1999年3月.
[10] 田垣内博一, 島和之, 松本健一, 鳥居宏次, "脳波計測装置を用いたユーザインタフェースの評価," 電子情報通信学会技術研究報告, volume SS98, number 58, pages 47--54 1999年3月.
[11] 森澤好臣, 鳥居宏次, "分散処理システムのアーキテクチャ・スタイル," ソフトウェア工学研究会, pages 9--16 1999年3月.
[12] 花川典子,松本健一,鳥居宏次, "学習習熟を考慮したソフトウェア開発シミュレーションモデルの評価," 情報処理学会研究報告, ソフトウェア工学研究会, volume KBSE98-28, pages 49--55 1998年11月.
[13] 阪井誠, 久保田益史, 松本健一, 鳥居宏次, "組込みソフトウェア改造時の作業配分を容易にする改造工数の見積もり尺度の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, ソフトウェアサイエンス, volume 98, number 675, pages 39--46 1998年3月.
[14] 伊藤充男, 杉村貴士, 島和之, 松本健一, 鳥居宏次, "ブラウザに依存しないWWWページの記述を目的としたHTMLエディタの作成," 情報処理学会研究報告, ヒューマンインターフェース, volume 76, number 3, pages 13--18 1998年1月.
[15] 高田眞吾, 中小路久美代, 鳥居宏次, "熟知していないソフトウェア部品空間の探索に関する研究," 電子情報通信学会技術研究報告, ソフトウェアサイエンス, 1998年1月.
[16] 門田暁人, 飯田元, 松本健一, 鳥居宏次, 一杉裕志, "プログラムに電子透かしを挿入する一手法," 1998年暗号と情報セキュリティシンポジウム, SCIS'98, volume 9.2.A, 1998年1月.
[17] 森崎修司, 花川典子, 松本健一, 鳥居宏次, "作業習熟を考慮したソフトウェア作業進捗モデル," 日本ソフトウェア科学会, ソフトウェア工学の基礎ワークショップ, pages 75--82 1997年12月.
[18] 菅原千穂子, 高田眞吾, 中小路久美代, 松本健一, 鳥居宏次, "ユーザビリティ評価実験のデザインに関する考察," 情報処理学会研究報告, ヒューマンインタフェース, volume 75, number 4, pages 19--24 1997年11月.
[19] 高田義広, 鳥居宏次, "オブジェクト指向システムにおいてメモリを暗黙的かつ効率的に解放する一方式," 電子情報通信学会技術研究報告, ソフトウェアサイエンス, 1997年9月.
[20] 大和正武, 高田義広, 鳥居宏次, "視線追跡によりプログラムエディタを自動スクロールする方式の比較," 電子情報通信学会技術研究報告, ソフトウェアサイエンス, volume 97, number 164, pages 1--8 1997年7月.
[21] 花川典子, 飯田元, 松本健一, 鳥居宏次, "オブジェクト指向開発プロセス生成システムの開発と評価," ソフトウェア・シンポジウム'97論文集, pages 176--185 1997年6月.
[22] 松原順, 中小路久美代, 高田眞吾, 松本健一, 鳥居宏次, "オブジェクト指向技術普及へ向けての実態調査," ソフトウェア・シンポジウム'97論文集, pages 68--76 1997年6月.
[23] 植田佐知子, 高田義広, 鳥居宏次, "オブジェクトの形式的仕様とデータ表現とからメソッドのコードを生成する方式の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, ソフトウェアサイエンス, 1997年5月.
[24] 大澤文男, 島和之, 松本健一, 鳥居宏次, "ソフトウェア開発者の運動情報に基づく特徴的行動の検索方法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, ソフトウェアサイエンス, volume 96, number 601, 9 - 16 1997年3月.
[25] 中島田義敬, 森崎修司, 門田暁人, 松本健一, 鳥居宏次, "ソフトウェア開発行動の分析支援を目的とした映像検索システム," 電子情報通信学会技術研究報告, ソフトウェアサイエンス, volume 96, number 601, 1 - 8 1997年3月.
[26] 玉置彰宏, 松本健一, 鳥居宏次, "基幹系ビジネスアプリケーションを対象としたオブジェクト発見法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, ソフトウェアサイエンス, volume 96, number 601, 41 - 48 1997年3月.
[27] 森崎修司, 中島田義敬, 松本健一, 鳥居宏次, "行動履歴データとの同期再生機能をもつビデオ映像再生システムの試作," 電子情報通信学会全国大会講演論文集, 情報・システム, volume D-3-9, page 67 1997年3月.
[28] 菅原千穂子, 植田佐知子, 高田義広, 鳥居宏次, "C++の学習の問題点に関するアンケート調査 !)技術者と学生を対象として!)," 電子情報通信学会技術研究報告, ソフトウェアサイエンス, volume 96, number 490, 57 - 64 1997年1月.
[29] 高田眞吾, 高田義広, Walcelio Melo, 鳥居宏次, "修正保守に対するオブジェクト指向設計の影響について," 電子情報通信学会技術研究報告, ソフトウェアサイエンス, volume 96, number 348, 49 - 56 1996年11月.
[30] 高田眞吾, 中小路久美代, 高田義広, 鳥居宏次, "オブジェクト指向プログラムにおける保守の最適化に向けて," 情報処理学会研究報告, ソフトウェア工学, volume 111, number 4, 25 - 32 1996年9月.
[31] 門田暁人, 高田義広, 鳥居宏次, "視線追跡装置を用いたデバッグプロセスの分析," 電子情報通信学会, 情報・システムソサイエティ大会, volume SD-2-3, pages 517--518 1996年9月.
[32] 花川典子, 飯田元, 松本健一, 鳥居宏次, "マイルストーンを組み込んだオブジェクト指向開発プロセス生成方式の提案," 情報処理学会研究報告, ソフトウエア工学, volume 110, number 8, pages 55--62 1996年7月.
[33] 門田暁人, 高田義広, 鳥居宏次, "視線追跡装置を用いたデバッグプロセスの観察実験," 情報処理学会研究報告, ソフトウエア工学, volume 96, number 172, 1 - 8 1996年7月.
[34] 松村崇史, 島和之, 松本健一, 鳥居宏次, "オブジェクト指向分析・設計ドキュメント計測システムの作成," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 96, number 172, 9 - 16 1996年7月.
[35] 小林淳, 松本健一, 鳥居宏次, "人間とソフトウェアシステムの相互作用過程の記録映像に対する自動索引付けシステムの試作," ソフトウェアシンポジウム'96論文集, pages 112--120 1996年6月.
[36] 内藤裕幹, 飯田元, 松本健一, 鳥居宏次, "役割別工数見積りモデルの開発現場への適用," ソフトウェアシンポジウム'96論文集, pages 33--40 1996年6月.
[37] 高田義広, 鳥居宏次, "プログラム実行中にメモリをデータから暗黙的かつ効率的に解放する一方式," 電子情報通信学会技術研究報告, ソフトウェアサイエンス, volume 96, number 81, pages 17--24 1996年5月.
[38] 永島淳, 飯田元, 松本健一, 鳥居宏次, "作業の並行化による影響を考慮した開発プロセスシミュレーションモデルの提案," 情報処理学会研究報告, ソフトウェア工学, volume 109, number 5, pages 33--40 1996年5月.
[39] 門田暁人, 高田義広, 鳥居宏次, "プログラムの難読化法の実験的評価," 情処研報, ソフトウェア工学, volume 96, number 32, pages 33--40 1996年3月.
[40] 保坂大輔, 高田義広, 鳥居宏次, "情報隠蔽に注目したオブジェクト指向設計の評価," 情処研報, ソフトウェア工学, volume 96, number 32, pages 49--56 1996年3月.
[41] 永島淳, 飯田元, 松本健一, 鳥居宏次, "互いの影響を考慮した作業別進捗モデルによる開発プロセスのシミュレーション," 第16回ソフトウェア信頼性シンポジウム論文集, pages 40--45 1996年2月.
[42] 花川典子, 飯田元, 松本健一, 鳥居宏次, "多様な開発形態に対応するプロジェクト管理モデルの構築," 日本ソフトウェア科学会研究会報告, ソフトウェアプロセス研究会, volume SP96-3-10, pages 59--66 1996年2月.
[43] 小林淳, 下條善史, 松本健一, 鳥居宏次, "ソフトウェアの開発/利用行動を記録した映像に対する自動索引付け法の提案," 情報処理学会研究報告, ソフトウェア工学107-5, volume 96, number 6, pages 33--40 1996年1月.
[44] 杉元秀人, 島和之, 松本健一, 鳥居宏次, "ソフトウェアフォールトの故障生起頻度について," 情報処理学会研究報告, ソフトウェア工学107-3, volume 96, number 6, pages 17--24 1996年1月.
[45] 内藤裕幹, 飯田元, 松本健一, 鳥居宏次, "役割別工数投入計画のための見積りモデルの提案," 情報処理学会研究報告, ソフトウェア工学107-1, volume 96, number 6, pages 1--8 1996年1月.
[46] 門田暁人, 高田義広, 鳥居宏次, "プログラムの難読化法の提案," 第51回情処全大, 4-263--4-264 1995年9月.
[47] 下條善史, 松本健一, 鳥居宏次, "ソフトウェア工学における実験データの収集・利用の現状," 情報処理学会サマーワークショップ・イン・立山論文集, volume 96, number 1, pages 169--176 1995年7月.
[48] 阪井誠,松本健一,鳥居宏次, "ダウンサイジング時代のプロセス改善モデル," ソフトウェアシンポジウム'95論文集, pages 131--140 1995年6月.
[49] 鳥居宏次, 井上克郎, 松本健一, "ソフトウェア工学における最近の研究動向 ---第17回ソフトウェア工学国際会議の報告を中心として---," 電子情報通信学会技術研究報告, ソフトウェアサイエンス, volume SS95-5, pages 31--36 1995年5月.
[50] 佐藤慎一, 小林孝則, 飯田元, 井上克郎, 鳥居宏次, "プログラムの依存関係解析に基づくデバッグ支援システムの試作," 電子情報通信学会技術研究報告, ソフトウェアサイエンス, volume SS95-4, pages 23--30 1995年5月.
[51] 松下誠, 飯田元, 井上克郎, 鳥居宏次, "開発プロセスを構成する要素間のインタラクションに関する考察," 情報処理学会ソフトウェア工学研究報告, pages 165--170 1995年1月.
[52] 工藤英男, 城間順一, 松本健一, 鳥居宏次, "異なる設計手法の統合学習支援システムの設計," CAI学会研究報告, 1995年.
[53] 飯田元, 伊木剛, 松下誠, 井上克郎, 鳥居宏次, "ソフトウェア開発環境におけるインタラクション支援機構の提案," 南山大学ソフトウェア工学ワークショップ紀要, 1995年.
[54] 柳正純, 門田暁人, 高田義広, 鳥居宏次, "バグ混入時のプログラミング行動の特徴を検出するツールの試作," 信学技報, ソフトウェアサイエンス, volume 94, number 334, pages 9-16 1994年11月.
[55] 阪井誠, 松本健一, 鳥居宏次, "ソフトウェアプロセスの動的な変更部分の分析によるプロジェクト運営実践技術のモデル化とプロセス改善," 情報処理学会ソフトウェア工学研究報告, volume 94, number 43, pages 41--48 1994年.