論文誌
[1] 角田雅照, 門田暁人, 渡邊瑞穂, 柿元健, 松本健一, "類似性に基づくソフトウェア開発工数見積もりにおける外れ値除去法の比較," 電子情報通信学会論文誌 D, volume J95-D, number 4, pages 895-908 2012年4月.
[2] Akito Monden, Satoshi Okahara, Yuki Manabe, and Ken-ichi Matsumoto, "Guilty or Not Guilty: Using Clone Metrics to Determine Open Source Licensing Violations," IEEE Software, Special Issue on Software Protection (March/April 2011), volume 28, number 2, pages 42-47 March 2011.
国際会議
[1] Masateru Tsunoda, Akito Monden, Mizuho Watanabe, Takeshi Kakimoto, and Ken-ichi Matsumoto, "Applying Outlier Deletion to Analosgy Based Cost Estimation," In Proc. of International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2010), pages 13-18 December 2010.
[2] Hajimu Iida, Satoshi Yabe, Jun Eijima, Ken-ichi Matsumoto, and Koji Torii, "Simulation Model of Overlapping Development Process Based on Progress of Activities," In Proc. of 1996 Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC'96), pages 131--138 December 1996.
研究会・全国大会等
[1] 渡邊正隆, 森崎修司, 松本健一, "バグ報告の単語出現頻度に着目したバグレポート抽象化の試行," 情報処理学会報告,ソフトウェア工学研究会, volume Vol.2010-SE-167 No.30, 2010年3月.
[2] 岡原聖, 真鍋雄貴, 山内寛己, 門田暁人, 松本健一, "ソースコード流用のコードクローンメトリクスに基づく検出手法," 電子情報通信学会技術報告, volume 109, number 307, pages 73-78 2009年11月.
[3] 岡原聖, 真鍋雄貴, 山内寛己, 門田暁人, 松本健一, 井上克郎, "コードクローンの長さに基づくプログラム盗用確率の実験的算出," 電子情報通信学会技術報告, ソフトウェアサイエンス研究会, number SS2008-40, pages 7-11 2008年10月.
[4] 渡邊瑞穂, 柿元健, 戸田航史, 門田暁人, 松本健一, "ソフトウェア開発工数予測における特異プロジェクト除去の効果," 日本ソフトウェア科学会第24回大会論文集CD-ROM(講演番号7B-2), 2007年9月.
[5] 阿部健一, 中村匡秀, 松本健一, "自治体の情報システム導入における要求仕様の定義とテストの重要性認識," 情報処理学会研究報告, ソフトウェア工学, volume 143, pages 9--14 2003年7月.