著書
[1] Masao Ohira, Kiwako Koyama, Akinori Ihara, Shinsuke Matsumoto, Yasutaka Kamei, and Ken-ichi Matsumoto, A Time-Lag Analysis for Improving Communication among Oss Developers, Springer-Verlag, 2010.
論文誌
[1] 亀井靖高, 大平雅雄, 伊原彰紀, 小山貴和子, まつ本真佑, 松本健一, 鵜林尚靖, "グローバル環境下におけるOSS開発者の情報交換に対する時差の影響," 情報社会学会誌, volume 6, number 2, pages 13-30 2011年11月.
[2] まつ本真佑, 亀井靖高, 門田暁人, 松本健一, "開発者メトリックスに基づくソフトウェア信頼性の分析," 電子情報通信学会論文誌, volume J93-D, number 8, pages 1576-1589 2010年8月.
[3] まつ本真佑, 上野秀剛, 門田暁人, 松本健一, 片平真史, 神武直彦, 宮本祐子, 氏原頌悟, 吉川茂雄, "不具合履歴に基づくソフトウェアIV&V活動の定量的見える化手法," 電子情報通信学会論文誌, volume J92-D, number 12, pages 2195-2206 2009年12月.
[4] 柿元健, 門田暁人, 亀井靖高, まつ本真佑, 松本健一, 楠本真二, "Fault-proneモジュール判別におけるテスト工数割り当てとソフトウェア信頼性のモデル化," 情報処理学会論文誌, volume 50, number 7, pages 1716-1724 2009年7月.
[5] まつ本真佑, 亀井靖高, 大平雅雄, 松本健一, "OSSコミュニティにおけるオープンコラボレーションの理解," 情報社会学会誌, volume 3, number 2, pages 29-42 2009年3月.
[6] まつ本真佑, 亀井靖高, 門田暁人, 松本健一, "Fault-proneモジュール判別における外れ値除去法の比較," 情報処理学会論文誌, volume 49, number 3, pages 1341-1351 2008年3月.
[7] 亀井靖高, まつ本真佑, 柿元健, 門田暁人, 松本健一, "Fault-proneモジュール判別におけるサンプリング法適用の効果," 情報処理学会論文誌, volume 48, number 8, pages 2651-2662 2007年8月.
国際会議
[1] Yasutaka Kamei, Shinsuke Matsumoto, Akito Monden, Ken-ichi Matsumoto, Bram Adams, and Ahmed E. Hassan, "Revisiting Common Bug Prediction Findings Using Effort Aware Models," In Proceedings of the 26th IEEE International Conference on Software Maintenance (ICSM2010), pages 1-10 September 2010.
[2] Shinsuke Matsumoto, Yasutaka Kamei, Akito Monden, Ken-ichi Matsumoto, and Masahide Nakamura, "An Analysis of Developer Metrics for Fault Prediction," PROMISE 2010, September 2010.
[3] Masao Ohira, Kiwako Koyama, Akinori Ihara, Shinsuke Matsumoto, Yasutaka Kamei, and Ken-ichi Matsumoto, "A Time-Lag Analysis Toward Improving the Efficiency of Communications among OSS Developers," In Proceedings of The 3rd International Workshop on Knowledge Collaboration in Software Development (KCSD2009), pages 49--62 November 2009.
[4] Mizuki Yamamoto, Masao Ohira, Yasutaka Kamei, Shinsuke Matsumoto, and Ken-ichi Matsumoto, "Temporal Changes of the Openness of an Oss Community: a Case Study of the Apache Http Server Community," In The Fifth International Conference on Collaboration Technologies 2009 (CollabTech 2009), 64 - 65 August 2009.
[5] Masateru Tsunoda, Shinsuke Matsumoto, Akito Monden, and Ken-ichi Matsumoto, "A Proposal of Derivation Methods of Fp Transformation Formulas," In Proc. of Workshop on Accountability and Traceability in Global Software Engineering (ATGSE2008), pages 25-26 December 2008.
[6] Tsutomu Matsumoto, Shinsuke Matsumoto, Hidetake Uwano, Akito Monden, Yuko Miyamoto, Shogo Ujihara, Naohiko Kohtake, and Masafumi Katahira, "Cost Effective Iv&V Planning Activity Derived from Experiences on Jaxa's Spacecraft Projects," ESA Workshop on Avionics Data, Control and Software Systems (ADCSS), October 2008.
[7] Yasutaka Kamei, Shinsuke Matsumoto, Hirotaka Maeshima, Yoji Onishi, Masao Ohira, and Ken-ichi Matsumoto, "Analysis of Coordination between Developers and Users in the Apache Community," In The Fourth International Conference on Open Source Systems (OSS2008), pages 81-92 September 2008.
[8] Shinsuke Matsumoto, Yasutaka Kamei, Masao Ohira, and Ken-ichi Matsumoto, "A Comparison Study on the Coordination between Developers and Users in Foss Communities," In Socio-Technical Congruence (STC 2008) , number CD-ROM-NO.8, pages 1--9 May 2008.
[9] Yasutaka Kamei, Akito Monden, Shinsuke Matsumoto, Takeshi Kakimoto, and Ken-ichi Matsumoto, "The Effects of Over and Under Sampling on Fault-Prone Module Detection," In Proceedings of the 1st International Symposium on Empirical Software Engineering and Measurement (ESEM2007), pages 196-204 September 2007.
[10] Shinsuke Matsumoto, Yasutaka Kamei, Akito Monden, and Ken-ichi Matsumoto, "Comparison of Outlier Detection Methods in Fault-Proneness Models," Proceedings of the 1st International Symposium on Empirical Software Engineering and Measurement (ESEM2007), pages 461-463 September 2007.
国内会議(査読付き)
[1] まつ本真佑, 亀井靖高, 門田暁人, 松本健一, "開発者メトリクスを用いたソフトウェア信頼性の分析," ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2009 , volume 35, pages 207--214 2009年11月.
[2] 小山貴和子, 伊原彰紀, まつ本真佑, 亀井靖高, 大平雅雄, 松本健一, "OSS開発における情報交換の効率改善へ向けたタイムラグ分析手法の提案," 情報処理学会シンポジウム グループウェアとネットワークサービスワークショップ 2009 論文集, volume 2009, number 8, pages 81-86 2009年9月.
[3] 柿元健, 亀井靖高, まつ本真佑, 門田暁人, 松本健一, 楠本真二, "バグ予測で信頼性はどれだけ向上するのか?-テスト工数割り当ての観点からの従来研究の評価," 松下 誠, 川口 真司(編), ソフトウェア工学の基礎XV 日本ソフトウェア科学会FOSE2008, pages 63-68 2008年11月.
[4] 大平雅雄, まつ本真佑, 伊原彰紀, 松本健一, "オープンメディアを活用した知識コミュニティのデザインに関する一考察," 情報社会学会 「知識共有コミュニティワークショップ ―インターネット上の知識検索サービス研究―」, pages 1-10 2008年11月.
[5] 伊原彰紀, 大平雅雄, まつ本真佑, 亀井靖高, 松本健一, "複数のサブコミュニティを有するOSSコミュニティを対象としたネットワーク分析," 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2008) シンポジウム, pages 297--303 2008年7月.
[6] 前島弘敬, まつ本真佑, 亀井靖高, 柿元健, 大西洋司, 大平雅雄, 松本健一, "コーディネータのコミュニティ媒介性の評価指標の提案," 情報処理学会シンポジウム, volume 2007, number 11, pages 71-76 2007年11月.
[7] 柿元健, 門田暁人, 亀井靖高, まつ本真佑, 松本健一, "Fault-prone モジュール判別におけるF1値とソフトウェア信頼性の関係," 岸知二, 野田夏子(編), ソフトウェア工学の基礎XIV, 日本ソフトウェア科学会 FOSE2007, pages 75-83 2007年11月.
[8] 木浦幹雄, まつ本真佑, 亀井靖高, 門田暁人, 松本健一, "異なるプロジェクト間におけるFault-Prone モジュール判別の精度評価," ソフトウェア工学の基礎XIV, 日本ソフトウェア科学会 FOSE2007, pages 131-136 2007年11月.
表彰・受賞
[1] 伊原彰紀, 亀井靖高, 大平雅雄, まつ本真佑, 松本健一, "OSSプロジェクトにおける障害に関する情報共有の分析," 平成20年度 情報処理学会関西支部支部大会 講演論文集, volume 2008, pages 69-72 2008年10月.
[2] 伊原彰紀, 大平雅雄, まつ本真佑, 亀井靖高, 松本健一, "複数のサブコミュニティを有するOSSコミュニティを対象としたネットワーク分析," 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2008) シンポジウム, pages 297--303 2008年7月.
[3] 伊原彰紀, 大平雅雄, まつ本真佑, 亀井靖高, 松本健一, "複数のサブコミュニティを有するOSSコミュニティを対象としたネットワーク分析," 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2008) シンポジウム, pages 297--303 2008年7月.
[4] まつ本真佑, "奈良先端科学技術大学院大学 最優秀学生賞," , 2008年3月.
[5] Yasutaka Kamei, Akito Monden, Shinsuke Matsumoto, Takeshi Kakimoto, and Ken-ichi Matsumoto, "Best Paper Award, 1st International Symposium on Empirical Software Engineering and Measurement," , September 2007.
研究会・全国大会等
[1] 小倉直徒, まつ本真佑, 畑秀明, 楠本真二, "共同開発環境におけるコーディングスタイルの変更に関する調査," 電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス, volume IEICE-116, number 277, pages 103-108 2016年10月.
[2] 亀井靖高, まつ本真佑, 門田暁人, 松本健一, "粗粒度モジュールに対するバグ密度予測の精度評価," 電子情報通信学会技術報告, volume 109, number 456, pages 145-150 2010年3月.
[3] 山本博之, 亀井靖高, まつ本真佑, 門田暁人, 松本健一, "ソフトウェアバグと変数名の関係の分析," 電子情報通信学会技術報告, volume 109, number 307, pages 67-71 2009年11月.
[4] 佐々木辰也, 森崎修司, まつ本真佑, 松本健一, "レビュー指摘の記録における支援ツールの効果分析," 情報処理学会報告,ソフトウェア工学研究会, volume Vol.2009-SE-166 No.10, 2009年10月.
[5] 藏本達也, 柗本真佑, 亀井靖高, 門田暁人, 松本健一, "メトリクス値の標準化によるfault-proneモジュール判別モデルの精度向上," 情報処理学会研究報告, ソフトウェア工学研究会, 2009年10月.
[6] 伊原彰紀, 大平雅雄, まつ本真佑, 松本健一, "OSSの開発状況理解支援のための可視化手法の提案," 情報処理学会シンポジウム グループウェアとネットワークサービス・ワークショップ 2009 論文集, pages 63-64 2009年9月.
[7] 大平雅雄, まつ本真佑, 松本健一, "コミュニティ媒介性: OSS開発における協調作業への媒介度を評価する指標," 情報処理学会 第5回ネットワーク生態学シンポジウム, pp.260--261 2009年3月.
[8] 伊原彰紀, 亀井靖高, 大平雅雄, まつ本真佑, 松本健一, "OSSプロジェクトにおける障害に関する情報共有の分析," 平成20年度 情報処理学会関西支部支部大会 講演論文集, volume 2008, pages 69-72 2008年10月.
[9] 亀井靖高, 大平雅雄, まつ本真佑, 松本健一, "Apache コミュニティにおける開発者とユーザとのコーディネーションの分析," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2008, pages 183-184 2008年9月.
[10] 伊原彰紀, 前島弘敬, まつ本真佑, 亀井靖高, 大平雅雄, 松本健一, "複数のサブコミュニティを有するOSSコミュニティにおけるコーディネータの分析," 情報処理学会シンポジウム グループウェアとネットワークサービス・ワークショップ 2007 論文集, volume 2007, number 11, pages 13-18 2007年11月.
[11] 大平雅雄, まつ本真佑, 前島弘敬, 亀井靖高, 松本健一, "OSSコミュニティにおける共同作業プロセス理解のための中心性分析," 情報処理学会シンポジウムシリーズ, volume 2007, number 11, pages 7-12 2007年11月.
[12] 木浦幹雄, まつ本真佑, 亀井靖高, 門田暁人, 松本健一, "他プロジェクトの実績データに基づくFault-Proneモジュール判別の試み," ソフトウェア信頼性研究会 第4回ワークショップ, pages 45-53 2007年7月.
[13] まつ本真佑, 亀井靖高, 門田暁人, 松本健一, "Fault-Proneモジュール判別モデルに対する外れ値除去法の適用効果," 情報処理学会研究報告, ソフトウェア工学, volume 2007-SE-155, number 33, pages 49-56 2007年3月.