解説
[1] 大杉直樹, 松村知子, 森崎修司, "ソフトウェア開発の「見える化」を支援するデータ分析力 〜エンピリカルアプローチによる既存データの有効活用〜," JISA会報, number 80, pages 13-29 2006年1月.
論文誌
[1] Shuuji Morisaki, Yumi Shiraishi, Masatake Yamato, Akito Monden, Ken-ichi Matsumoto, and Koji Torii, "A Support System for Software Function Discovery Using Histories of Function Executions," Systems and Computers in Japan, volume 35, number 12, pages 93--106 November 2004.
[2] 大杉直樹, 門田暁人, 森崎修司, 松本健一, "協調フィルタリングに基づくソフトウェア機能推薦システム," 情報処理学会論文誌, volume 45, number 1, pages 267--278 2004年1月.
[3] 森崎修司, 門田暁人, 松本健一, 井上克郎, 鳥居宏次, "機能実行履歴を用いたソフトウェア利用知識の共有," 情報処理学会論文誌, volume 41, number 10, pages 2770--2781 2000年10月.
国際会議
[1] Naoki Ohsugi, Akito Monden, and Shuuji Morisaki, "Collaborative Filtering Approach for Software Function Discovery," In Proceedings International Symposium on Empirical Software Engineering (ISESE2002), volume 2, pages 29--30 October 2002.
[2] Shuuji Morisaki, Akito Monden, Ken-ichi Matsumoto, Katsuro Inoue, and Koji Torii, "Two-Level User Interface Evolution by Sharing Usage Logs," In Proc. International Workshop on Principles of Software Evolution'99 (IWPSE'99), pages 70--73 July 1999.
国内会議(査読付き)
[1] 大杉直樹, 大平雅雄, 松村知子, 森崎修司, 玉田春昭, 松本健一, "産官学連携における参加者の興味についての対応分析," 第5回情報科学技術フォーラム(FIT2006) 情報科学技術レターズ, pages 313-315 2006年9月.
招待講演
[1] 松本健一, 松村知子, 森崎修司, 玉田春昭, 大杉直樹, "開発データ分析の技術 〜EASEプロジェクトの紹介〜," 東芝 第4回 SEPGワークショップ, 2006年12月.
研究会・全国大会等
[1] 白石裕美, 森崎修司, 門田暁人, 松本健一, 井上克郎, "未知機能の発見支援を目的としたソフトウェア機能実行履歴の提示," 情報処理学会研究報告, グループウェア研究会, volume 2000, number 2000-GW-37-3, pages 13--18 2000年10月.
[2] 伊藤充男, 森崎修司, 門田暁人, 松本健一, 鳥居宏次, "デバッグ時間の短縮を目的とする二人によるデバッギングの実験的考察," 電子情報通信学会技術報告,人工知能と知識処理, volume 98, number 634, pages 45--52 1999年3月.