招待論文
[1] 山科隆伸, 森崎修司, "大規模ソフトウェアの保守開発を対象とした故障モード影響解析(FMEA)適用の試み," 技報 UNISYS TECHNOLOGY REVIEW, volume 28, number 4, pages 107-121 2009年2月.
国際会議
[1] Shinji Kawaguchi, Takanobu Yamashina, Hidetake Uwano, Kyhohei Fushida, Yasutaka Kamei, Masataka Nagura, and Hajimu Iida, "Shinobi: a Tool for Automatic Code Clone Detection in the Ide," In Working Conference on Reverse Engineering (WCRE09) , pages 313-314 October 2009.
国内会議(査読付き)
[1] 山科隆伸, 森崎修司, 飯田元, 松本健一, "保守開発型ソフトウェアを対象としたソフトウェアFMEAの実証的評価," ソフトウェア品質シンポジウム2008 発表報文集, pages 157-164 2008年9月.
テクニカルレポート
[1] Takanobu Yamashina, Hidetake Uwano, Kyohei Fushida, Yasutaka Kamei, Masataka Nagura, Shinji Kawaguchi, and Hajimu Iida, "Shinobi: a Real-Time Code Clone Detection Tool for Software Maintenance," Information Science Technical Report, number NAIST-IS-TR2007011, ISSN 0919-9527, Graduate School of Information Science, Nara Institute of Science and Technology, March 2008.
研究会・全国大会等
[1] 山科隆伸, 上野秀剛, 伏田享平, 亀井靖高, 名倉正剛, 川口真司, 飯田元, "コードクローンに着目したソフトウェア保守支援ツールの設計と実装," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 108, number 64, pages 65-70 2008年5月.
[2] 山科隆伸, 上野秀剛, 伏田享平, 亀井靖高, 名倉正剛, 川口真司, 飯田元, "レガシーソフトウェア保守プロセスにおける開発者によるコードクローン認識についての観察," 情報処理学会第70回全国大会, volume 5, pages 411-412 2008年3月.