論文誌
[1] Raula Gaikovina Kula, Daniel M. German, Ali Ouni, Takashi Ishio, and Katsuro Inoue, "Do Developers Update Their Library Dependencies?," Empirical Software Engineering, 2017.
[2] Yuki Kashiwabara, Takashi Ishio, Hideaki Hata, and Katsuro Inoue, "Method Verb Recommendation Using Association Rule Mining in a Set of Existing Projects," IEICE Transactions on Information and Systems, volume E98-D, number 3, pages 627--636 March 2015.
国際会議
[1] Yuki Ueda, Akinori Ihara, Toshiki Hirao, Takashi Ishio, and Kenichi Matsumoto, "How Is IF Statement Fixed Through Code Review? - a Case Study of Qt Project -," In c, October 2017.
[2] Katsuya Ogami, Raula Gaikovina Kula, Hideaki Hata, Takashi Ishio, and Kenichi Matsumoto, "Using High-Rising Cities to Visualize Performance in Real-Time," In Proc. of 5th IEEE Working Conference on Software Visualization (VISSOFT 2017), pages 33-42 September 2017.
国内会議(査読付き)
[1] 上田裕己, 伊原彰紀, 平尾俊貴, 石尾隆, 松本健一, "コーディング規約改定によるコードレビュー中の軽微な変更の分析," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2017 (SES2017), 2017年9月.
表彰・受賞
[1] 上田裕己, 伊原彰紀, 平尾俊貴, 石尾隆, 松本健一, "コードレビューを通して変更依頼されるIf文の分析," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2017 (SES2017), 2017年9月.
研究会・全国大会等
[1] 上田裕己, 伊原彰紀, 平尾俊貴, 石尾隆, 松本健一, "コードレビューを通して変更依頼されるIf文の分析," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2017 (SES2017), 2017年9月.
[2] 石尾隆, 畑秀明, 小林隆志, "セッション紹介:開発者とツールのインタラクション," ウィンターワークショップ2015・イン・宜野湾 論文集, pages 1--2 2015年1月.
[3] 肥後芳樹, 石尾隆, 渡辺結, 出張純也, 畑秀明, 三宅達也, 水野修, 丸山勝久, "第30回ソフトウェア工学国際会議(ICSE2008)参加報告," 情報処理学会研究報告, number 93, pages 33-39 2008年9月.
[4] 福岡佑介, 西岡隆司, 中村匡秀, 井垣宏, 松本健一, "動的サービスバインディング機構を用いたマルチベンダホームネットワークシステムの一実現手法," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 107, number 525, pages 295-300 2008年3月.
[5] 西岡隆司, 山内寛己, 門田暁人, 中村匡秀, 松本健一, "類似した命令列の畳込みによるプログラムの耐タンパ性の向上," 情報処理学会研究報告, ソフトウェア工学研究会, volume 2007-SE-155, number 33, pages 167-174 2007年3月.