論文誌
[1] Koji Torii, Ken-ichi Matsumoto, Kumiyo Nakakoji, Yoshihiro Takada, Shingo Takada, and Kazuyuki Shima, "Ginger2: an Environment for Caese (Computer-Aided Empirical Software Engineering)," IEEE Transactions on Software Engineering, volume 25, number 4, pages 474--492 August 1999.
[2] 大和正武, 門田暁人, 高田義広, 松本健一, 鳥居宏次, "視線によるテキストウィンドウの自動スクロール," 情報処理学会論文誌, volume 40, number 2, pages 631--622 1999年2月.
[3] 門田暁人, 高田義広, 鳥居宏次, "ループを含むプログラムを難読化する方法の提案," 電子情報通信学会論文誌D-I, volume J80-D-I, number 7, pages 644--652 1997年7月.
[4] Yoshihiro Takada and Koji Torii, "A Method for Measuring Programmer Debugging Performance from Key Strokes," Systems and Computers in Japan, volume 26, number 12, pages 17-27 November 1995.
[5] Eiichi Tsuboka and Yoshihiro Takada, "Neural Predictive Hidden Markov Model for Speech Recognition," IEICE Transactions on Communications, Electronics, Information, volume E78-D, number 6, pages 676-684 June 1995.
[6] Yoshihiro Takada, Ken-ichi Matsumoto, and Koji Torii, "A Software Reliability Prediction Model Using a Neural Network," Systems and Computers in Japan, volume 25, number 14, pages 22-31 May 1995.
[7] 高田義広, 鳥居宏次, "プログラマのデバッグ能力をキーストロークから測定する方法," 電子情報通信学会論文誌D-I, volume J77-D-I, number 9, pages 646--655 1994年9月.
[8] Yoshihiro Takada, X.zhuang, and H.j. Wakita, "A Geometric Algorithm Finding Set of Linear Decision Boundaries," IEEE Transactions on Signal Processing, volume 42, number 7, pages 1887--1891 June 1994.
[9] 高田義広, 松本健一, 鳥居宏次, "ニューラルネットを用いたソフトウェア信頼性予測モデル," 電子情報通信学会論文誌D-I, volume J77-D-I, number 6, pages 454--461 1994年6月.
[10] Yoshiaki Kakuda, Yoshihiro Takada, and Tohru Kikuno, "On the Complexity of Protocol Validation Problems for Protocols with Bounded Capacity Channels," IEICE Transactions on Fundamentals, volume E77-A, number 4, pages 658--667 April 1994.
国際会議
[1] 高田義広, 松本健一, 鳥居宏次, "A Programmer Performance Measure Based on Programmer State Transitions in Testing and Debugging Process," Proceedings of 16th International Conference on Software Engineering, pages 123--132 1994年.
研究会・全国大会等
[1] 高田義広, 鳥居宏次, "オブジェクト指向システムにおいてメモリを暗黙的かつ効率的に解放する一方式," 電子情報通信学会技術研究報告, ソフトウェアサイエンス, 1997年9月.
[2] 大和正武, 高田義広, 鳥居宏次, "視線追跡によりプログラムエディタを自動スクロールする方式の比較," 電子情報通信学会技術研究報告, ソフトウェアサイエンス, volume 97, number 164, pages 1--8 1997年7月.
[3] 植田佐知子, 高田義広, 鳥居宏次, "オブジェクトの形式的仕様とデータ表現とからメソッドのコードを生成する方式の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, ソフトウェアサイエンス, 1997年5月.
[4] 菅原千穂子, 植田佐知子, 高田義広, 鳥居宏次, "C++の学習の問題点に関するアンケート調査 !)技術者と学生を対象として!)," 電子情報通信学会技術研究報告, ソフトウェアサイエンス, volume 96, number 490, 57 - 64 1997年1月.
[5] 高田眞吾, 高田義広, Walcelio Melo, 鳥居宏次, "修正保守に対するオブジェクト指向設計の影響について," 電子情報通信学会技術研究報告, ソフトウェアサイエンス, volume 96, number 348, 49 - 56 1996年11月.
[6] 高田眞吾, 中小路久美代, 高田義広, 鳥居宏次, "オブジェクト指向プログラムにおける保守の最適化に向けて," 情報処理学会研究報告, ソフトウェア工学, volume 111, number 4, 25 - 32 1996年9月.
[7] 門田暁人, 高田義広, 鳥居宏次, "視線追跡装置を用いたデバッグプロセスの分析," 電子情報通信学会, 情報・システムソサイエティ大会, volume SD-2-3, pages 517--518 1996年9月.
[8] 門田暁人, 高田義広, 鳥居宏次, "視線追跡装置を用いたデバッグプロセスの観察実験," 情報処理学会研究報告, ソフトウエア工学, volume 96, number 172, 1 - 8 1996年7月.
[9] 高田義広, 鳥居宏次, "プログラム実行中にメモリをデータから暗黙的かつ効率的に解放する一方式," 電子情報通信学会技術研究報告, ソフトウェアサイエンス, volume 96, number 81, pages 17--24 1996年5月.
[10] 門田暁人, 高田義広, 鳥居宏次, "プログラムの難読化法の実験的評価," 情処研報, ソフトウェア工学, volume 96, number 32, pages 33--40 1996年3月.
[11] 保坂大輔, 高田義広, 鳥居宏次, "情報隠蔽に注目したオブジェクト指向設計の評価," 情処研報, ソフトウェア工学, volume 96, number 32, pages 49--56 1996年3月.
[12] 門田暁人, 高田義広, 鳥居宏次, "プログラムの難読化法の提案," 第51回情処全大, 4-263--4-264 1995年9月.
[13] 柳正純, 門田暁人, 高田義広, 鳥居宏次, "バグ混入時のプログラミング行動の特徴を検出するツールの試作," 信学技報, ソフトウェアサイエンス, volume 94, number 334, pages 9-16 1994年11月.