論文誌
[1] Naoto Ishida, Takashi Ishio, Yuta Nakamura, Shinji Kawaguchi, Tetsuya Kanda, and Katsuro Inoue, "Visualization of Inter-Module Dataflow Through Global Variables for Source Code Review," IEICE Transactions on Information and Systems, volume E101-D, number 12, pages 3238-3241 December 2018.
[2] Raula Gaikovina Kula, Ali Ouni, Daniel M. German, and Katsuro Inoue, "An Empirical Study on the Impact of Refactoring Activities on Evolving Client-Used Apis," Information and Software Technology, 2018.
[3] Raula Gaikovina Kula, Daniel M. German, Ali Ouni, Takashi Ishio, and Katsuro Inoue, "Do Developers Update Their Library Dependencies?," Empirical Software Engineering, volume 23, number 1, pages 384-417 February 2017.
[4] 中道上, 阪井誠, 島和之, 松本健一, "ユーザの振る舞いによるWebユーザビリティの低いページの検出," ヒューマンインタフェース学会論文誌, volume 8, number 1, pages 31-40 2006年2月.
[5] パッタラ・リーラープルット, 中村匡秀, 松本健一, 菊野亨, "Use Case Maps を用いたサービス競合可能シナリオの導出と実験的評価," 電子情報通信学会論文誌, volume J88-B, number 7, pages 1237-1247 2005年7月.
国際会議
[1] Tetsuya Kanda, Mingyu Guo, Hideaki Hata, and Kenichi Matsumoto, "Towards Understanding an Open-Source Bounty: Analysis of Bountysource," In Proc. of 24th IEEE International Conference on Software Analysis, Evolution, and Reengineering (SANER 2017), pages 577-578 February 2017.
[2] Takugo Yonezawa, Susumu Ono, Minoru Minakuchi, Seiya Nakashima, Masako Hayashi, and Hiroshi Ando, "A Cognitive Approach to Designing Manuals," In The First International Conference on Design Creativity (ICDC2010), November 2010.
[3] Takugo Yonezawa Fukaya, Susumu Ono, Minoru Minakuchi, Gaku Sumino, Koji Yoshida, Masako Hayashi, and Hiroshi Ando, "Comprehension and Emotion in Handling Task in the Case of Different Text Formats," In The 7th International Conference on Cognitive Science (ICCS2010), August 2010.
[4] Takugo Yonezawa Fukaya, Susumu Ono, Minoru Minakuchi, Gaku Sumino, Koji Yoshida, Masako Hayashi, and Hiroshi Ando, "Empirical Analysis of How Visual Properties of Texts Affect Manual Legibility," In KEER 2010 International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research, March 2010.
[5] Hidetake Uwano, Masaya Ando, Noboru Nakamichi, and Masaaki Kurosu, "Irrc-Logger: a Logging System for Ir Remote Control Signal to Analyze Intension of Users' Operation," , July 2007.
国内会議(査読付き)
[1] 安藤聡志, 平尾俊貴, 伊原彰紀, 松本健一, 関浩之 , "OSS開発におけるソースコード静的解析手法を用いたパッチ検証手法の提案," ウィンターワークショップ2016・イン・逗子 論文集, volume 2016, pages 49-50 2016年1月.
[2] 神谷芳樹, 菊地奈穂美, 松村知子, 大杉直樹, 門田暁人, 肥後芳樹, 井上克郎, 松本健一, "進行中のプロジェクト計測とフィードバック実験に基づく計測データベース活用方式の提案," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2006, pages 35-42 2006年10月.
研究会・全国大会等
[1] 大夢 森田, 俊貴 平尾, 隆 石尾, 章太 新田, 俊司 小西, 康真 森, 健一 松本, "新人研修がソースコード品質に与える影響の調査," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2019論文集, pages 253-254 2019年8月.
[2] 安藤 聡志, 伊原 彰紀, 関 浩之, 平尾 俊貴, 則兼 卓人, 松本 健一, "OSS開発におけるパッチの特徴量を用いた再投稿要求の予測," 第194回ソフトウェア工学研究発表会, pages 1-5 2016年11月.
[3] 米澤(深谷)拓吾, 小野進, 水口実, 中島青哉, 林真彩子, 安藤広志, "PDFは紙を超えるか?:電子校正改善へ向けた,液晶ディスプレイにおける校正作業ミスの分析," 情報処理学会 HCI研究会(第141回), 2011年1月.
[4] 坂東祐司, 森崎修司, 松本健一, "セキュリティ要件のレビューにおけるチェックリストの表記方法の比較," 情報処理学会研究報告, ソフトウェア工学研究会, volume 2010-SE-170 , number 5, 2010年11月.
[5] 米澤(深谷)拓吾, 小野進, 水口実, 中島青哉, 林真彩子, 安藤広志, "マニュアルデザインにおける書式とユーザの理解・ストレスとの関係," .日本認知科学会第27回大会, 2010年9月.
[6] 米澤(深谷)拓吾, 小野進, 水口実, 住野学, 吉田幸司, 林真彩子, 安藤広志, "マニュアルの書式とトラブル対処時のユーザエクスペリエンス," 日本デザイン学会第57回全国大会春季研究発表大会, 2010年7月.
[7] 中道上, 上野秀剛, 安藤昌也, "IrRC-Logger:ユーザの意図分析を目的としたリモコン操作記録システム," インタラクション2007 論文集, volume 2007, number 4, DVD-ROM 2007年3月.
[8] 満田成紀, 沢田篤史, 鷲崎弘宜, 山本里枝子, 吉田敦, 門田暁人, 野中誠, "ウィンターワークショップ2006・イン・鴨川参加報告," 情報処理学会研究報告, number 2006-SE-152, pages 57-63 2006年5月.