鶴田雅明, 大平雅雄, 門田暁人, 松本健一, "ソフトウェアテストにおける静的解析ツールの段階的適用による不具合修正工数の更なる低減 ―民生用音響・映像機器向け組み込みソフトウェア開発へのQACの段階的適用とその実証評価―," 情報社会学会誌, 11(1), pp. 5-16 2016年7月.
ID 1189
分類 論文誌
タグ
表題 (title) ソフトウェアテストにおける静的解析ツールの段階的適用による不具合修正工数の更なる低減 ―民生用音響・映像機器向け組み込みソフトウェア開発へのQACの段階的適用とその実証評価―
表題 (英文)
著者名 (author) 鶴田雅明, 大平雅雄, 門田暁人, 松本健一
英文著者名 (author) Masaaki Tsuruta, Masao Ohira,Akito Monden,Kenichi Matsumoto
キー (key) Masaaki Tsuruta, Masao Ohira,Akito Monden,Kenichi Matsumoto
定期刊行物名 (journal) 情報社会学会誌
定期刊行物名 (英文)
巻数 (volume) 11
号数 (number) 1
ページ範囲 (pages) 5-16
刊行月 (month) 7
出版年 (year) 2016
Impact Factor (JCR)
URL
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract)
論文電子ファイル 利用できません.
BiBTeXエントリ
@article{id1189,
         title = {ソフトウェアテストにおける静的解析ツールの段階的適用による不具合修正工数の更なる低減 ―民生用音響・映像機器向け組み込みソフトウェア開発へのQACの段階的適用とその実証評価―},
        author = {鶴田雅明 and  大平雅雄 and  門田暁人 and  松本健一},
       journal = {情報社会学会誌},
        volume = {11},
        number = {1},
         pages = {5-16},
         month = {7},
          year = {2016},
}