森崎修司, 松村知子, 大蔵君治, 伏田享平, 川口真司, 飯田元, "エンピリカルデータを対象としたマイクロプロセス分析," 情報処理学会研究報告, 2006(125), pp. 9-15 2006年11月.
ID 458
分類 研究会・全国大会等
タグ
表題 (title) エンピリカルデータを対象としたマイクロプロセス分析
表題 (英文)
著者名 (author) 森崎 修司,松村 知子,大蔵 君治,伏田 享平,川口 真司,飯田 元
英文著者名 (author)
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key)
書籍・会議録表題 (booktitle) 情報処理学会研究報告
書籍・会議録表題(英文)
巻数 (volume) 2006
号数 (number) 125
ページ範囲 (pages) 9-15
組織名 (organization) 情報処理学会
出版元 (publisher) 情報処理学会
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month) 11
出版年 (year) 2006
採択率 (acceptance)
URL
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) ソフトウェア開発時にプロダクトの管理情報やツールの実行履歴から自動収集できる時
系列データ(エンピリカルデータ)をもとに,プロセス品質を分析する手法(マイクロプロセス分析)を提案する.提案手法ではエンピリカルデータにエンピリカルデータと同程度の粒度の手順を示したプロセスモデルを与えることにより,マイクロプロセスメトリクスを得る.得られたマイクロプロセスメトリクスはプロセス遵守の度合い,作業の所要時間,繰返し回数などがあり,これらのマイクロプロセスメトリクスからプロセス品質の定量的な分析が期待される.本稿では,商用開発で利用した構成管理ツール,障害管理ツールから得たエンピリカルデータに対し,不具合修正に関する構成管理ツール,障害管理ツールの運用手順に基づくプロセスモデルを与え,マイクロプロセスメトリクスが得られることを示す.
論文電子ファイル 180.pdf (application/pdf) [一般閲覧可]
BiBTeXエントリ
@inproceedings{id458,
         title = {エンピリカルデータを対象としたマイクロプロセス分析},
        author = {森崎 修司 and 松村 知子 and 大蔵 君治 and 伏田 享平 and 川口 真司 and 飯田 元},
     booktitle = {情報処理学会研究報告},
        volume = {2006},
        number = {125},
         pages = {9-15},
    organization = {情報処理学会},
     publisher = {情報処理学会},
         month = {11},
          year = {2006},
}