武田隆之, 牛窓朋義, 山内寛己, 門田暁人, 松本健一, "コーディングスタイルに基づく特徴量とソースコード盗用との関係の分析," 情報処理学会報告,ソフトウェア工学研究会, 167, 2010年3月.
ID 724
分類 研究会・全国大会等
タグ
表題 (title) コーディングスタイルに基づく特徴量とソースコード盗用との関係の分析
表題 (英文)
著者名 (author) 武田隆之,牛窓朋義,山内寛己,門田暁人,松本健一
英文著者名 (author)
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key) Takayuki Takeda, Tomoyoshi Ushimado, Hiroki Yamauchi, Akito Monden, Ken-ichi Matsumoto
書籍・会議録表題 (booktitle) 情報処理学会報告,ソフトウェア工学研究会
書籍・会議録表題(英文)
巻数 (volume)
号数 (number) 167
ページ範囲 (pages)
組織名 (organization)
出版元 (publisher)
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month) 3
出版年 (year) 2010
採択率 (acceptance)
URL
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) 本稿では,学生の演習課題のような小規模なソースコードを対象とした
盗用の検出を目的とする.
インデント,演算子などのコーディングスタイルに着目し,
59項目の特徴量として抽出し,盗用の発見に用いる.
盗用関係にあるソースコード間において59項目の特徴量の差分を測定し,
盗用関係にないソースコード間における特徴量の差分と比較したところ,
28項目の特徴量が盗用検出に有効であること,
28項目のうち8項目の特徴量はプログラムの内容によらず盗用検出に有効であること,
8項目のうち3項目の特徴量はソースコード整形ツールによるインデント整形に対して耐性を持つことが分かった.
論文電子ファイル 386.pdf (application/pdf) [一般閲覧可]
BiBTeXエントリ
@inproceedings{id724,
         title = {コーディングスタイルに基づく特徴量とソースコード盗用との関係の分析},
        author = {武田隆之 and 牛窓朋義 and 山内寛己 and 門田暁人 and 松本健一},
     booktitle = {情報処理学会報告,ソフトウェア工学研究会},
        number = {167},
         month = {3},
          year = {2010},
}