渡邊正隆, 森崎修司, 松本健一, "バグ報告の単語出現頻度に着目したバグレポート抽象化の試行," 情報処理学会報告,ソフトウェア工学研究会, Vol.2010-SE-167 No.30, 2010年3月.
ID 741
分類 研究会・全国大会等
タグ
表題 (title) バグ報告の単語出現頻度に着目したバグレポート抽象化の試行
表題 (英文)
著者名 (author) 渡邊正隆,森崎修司,松本健一
英文著者名 (author) Masataka Watanabe,Shuji Morisaki,Ken-ichi Matsumoto
キー (key) Masataka Watanabe,Shuji Morisaki,Ken-ichi Matsumoto
定期刊行物名 (journal) 情報処理学会報告,ソフトウェア工学研究会
定期刊行物名 (英文)
巻数 (volume) Vol.2010-SE-167 No.30
号数 (number)
ページ範囲 (pages)
刊行月 (month) 3
出版年 (year) 2010
Impact Factor (JCR)
URL
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract)
論文電子ファイル 399.pdf (application/pdf) [一般閲覧可]
BiBTeXエントリ
@article{id741,
         title = {バグ報告の単語出現頻度に着目したバグレポート抽象化の試行},
        author = {渡邊正隆 and 森崎修司 and 松本健一},
       journal = {情報処理学会報告,ソフトウェア工学研究会},
        volume = {Vol.2010-SE-167 No.30},
         month = {3},
          year = {2010},
}