林卓磨, 信田祥司, 白井久美子, 吉田順一, 門田暁人, 松本健一, "Fault-proneモジュール判別モデルを用いた検証項目数削減に関する一検討," 2011年電子情報通信学会ソサイエティ大会通信講演論文集, 2(B-18-2), p. 406 2011年9月.
ID 821
分類 研究会・全国大会等
タグ
表題 (title) Fault-proneモジュール判別モデルを用いた検証項目数削減に関する一検討
表題 (英文)
著者名 (author) 林卓磨,信田祥司,白井久美子,吉田順一,門田暁人,松本健一
英文著者名 (author) Takuma Hayashi,Shoji Shinoda,Kumiko Shirai,Junichi Yoshida,Akito Monden,Ken-ichi Matsumoto
キー (key) Takuma Hayashi,Shoji Shinoda,Kumiko Shirai,Junichi Yoshida,Akito Monden,Ken-ichi Matsumoto
定期刊行物名 (journal) 2011年電子情報通信学会ソサイエティ大会通信講演論文集
定期刊行物名 (英文)
巻数 (volume) 2
号数 (number) B-18-2
ページ範囲 (pages) 406
刊行月 (month) 9
出版年 (year) 2011
Impact Factor (JCR)
URL
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract)
論文電子ファイル 利用できません.
BiBTeXエントリ
@article{id821,
         title = {Fault-proneモジュール判別モデルを用いた検証項目数削減に関する一検討},
        author = {林卓磨 and 信田祥司 and 白井久美子 and 吉田順一 and 門田暁人 and 松本健一},
       journal = {2011年電子情報通信学会ソサイエティ大会通信講演論文集},
        volume = {2},
        number = {B-18-2},
         pages = {406},
         month = {9},
          year = {2011},
}