論文誌
[1] 伊原彰紀, 若元亮樹, 松本健一, "開発状況メトリクスを用いたOSS不具合修正時間予測モデル," 情報処理学会論文誌, volume 59, number 3, pages 834-844 2018年3月.
国際会議
[1] Kenichi Ono, Akinori Ihara, and Kenichi Matsumoto, "Toward Predicting a Reviewer Not to Ignore Code Review Requests in Oss Development," 8th IEEE International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2017), Poster session, 2017.
[2] Emad Shihab, Akinori Ihara, Yasutaka Kamei, Walid M. Ibrahim, Masao Ohira, Bram Adams, Ahmed E. Hassan, and Ken-ichi Matsumoto, "Predicting Re-Opened Bugs: a Case Study on the Eclipse Project," In Proceedings of the 17th Working Conference on Reverse Engineering (WCRE 2010), pages 249-258 October 2010.
[3] Osamu Mizuno and Hideaki Hata, "Yet Another Metric for Predicting Fault-Prone Modules," In Proc. of 2009 International Conference on Advanced Software Engineering & Its Applications (ASEA2009), pages 296-304 December 2009.
国内会議(査読付き)
[1] 小野健一, 伊原彰紀, 平尾俊貴, 松本健一 , "オープンソース開発におけるパッチ検証者数の予測," ウィンターワークショップ2016・イン・逗子 論文集, volume 2016, pages 53-54 2016年1月.
[2] 藤野啓輔, 伊原彰紀, 本田澄, 鷲崎弘宜, 松本健一, "OSSの不具合修正曲線に基づく未修正不具合数の予測の試み," 第21回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE2014), pages 57--62 2014年12月.
研究会・全国大会等
[1] 平尾俊貴, 伊原彰紀, 松本健一, "コードレビュープロセスに基づくパッチ再投稿の予測," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2015(SES2015), number 26, 2015年9月.
[2] 平尾俊貴, 伊原彰紀, 松本健一, "コードレビュープロセスに基づくパッチ再投稿の予測," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2015(SES2015), pages 195-201 2015年9月.