Softwear Engineering Laboratory

Open Source Software Engineering

  • 我々は,安心,安全なオープンソースソフトウェア(OSS)の実現に向けて,OSSの開発・利活用,それをとりまく個人やコミュニティを支援するための技術を研究しています.
    Androidをはじめ,OSSが広く利活用される一方で,OSSの欠陥が実社会の経済活動を揺るがす事例も少なくありません.不特定多数の人が開発するOSSの成否は,開発者の動機や社会性,人間関係など,心理学・社会学的要素が強く関係します.
    我々は,ソフトウェアの品質や生産性について定量的・体系的に課題解決することが困難な課題を,ステークホルダの知識共有や知識創発という観点から解決する新たな研究分野「OSS工学」の確立を目指しています.
    研究グループでは,ソフトウェア科学会誌コンピュータソフトウェアに解説記事を執筆していますので,詳細はこちらをごらんください.

     

    伊原彰紀, 大平雅雄, “オープンソースソフトウェア工学,” コンピュータソフトウェア, 33(1), pp. 28-40 2016年1月. [PDF]

  • sample150平尾 俊貴
    Hirao Toshiki

    ソフトウェアコードレビューに関する研究

    (Code Review Process in Open Source Software)

    コードレビューはソフトウェア品質を保証するための有効な手法として,ソフトウェア開発プロセスで実践的に利用されています.一般的にコードレビューとは,検証者が欠陥の有無,可読性の高さ,コード規約に従っているかなどを人手で検証する作業です.検証者にはレビューする箇所に対して高い専門知識を持つ必要があります. また,オープンソースソフトウェア(OSS)開発では日々バグレポートが報告されており,OSS開発者はソースコードを改良します.これらの膨大なソースコードの変更に対して,必ずコードレビューする必要があり,多大なレビュー時間を必要とします.我々はコードレビューを効率化させて,OSS開発支援を行いたいと考えています.

    主な研究成果・外部発表等

    1. Toshiki Hirao, Akinori Ihara, and Ken-ichi Matsumoto, “A Pilot study of collective decision-making in the code review process”, In Proceedings of the Center for Advanced Studies on Collaborative Research (CASCON’15), 2015.
    2. Toshiki Hirao, Akinori Ihara, Yuki Ueda, Passakorn Phannachitta, and Ken-ichi Matsumoto. The impact of a low level of agreement among reviewers in a code review process. In Proceedings of the 12th International Conference on Open Source Systems (OSS’16), 2016.
    3. Toshiki Hirao, Akinori Ihara, Yuki Ueda, Passakorn Phannachitta, and Kenichi Matsumoto, “Towards a Better Reviewer Recommendation Using the Level of Agreement,” The 7th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP2016), March 2016.
  • オープンソースソフトウェア利活用に関する研究

     

    sample150

     

     

    藤野啓輔
    Fujino Keisuke

    不具合修正過程から見るOSSの安定時期予測

    (Monitoring Bugs-Fixing Process After the Releases in Open Source Software)

    オープンソースソフトウェア (OSS) のリリース直後は,欠陥が数多く混入していることが多く,開発者,利用者など不特定多数の参加者の協力により欠陥が修正され,徐々に品質を向上する開発形態をとっています.昨今,数多くの企業がOSSの導入を始めていますが,新しく導入するOSSの品質,および,将来的な保守作業を評価することは容易ではありません.
    我々は,企業におけるOSS導入の意思決定を支援することを目的とし,OSSに発見される欠陥の改修プロセスとOSS導入動向(人気度)の調査を行っています.さらに,ソフトウェア信頼性モデルと呼ばれる数理モデルを用いて,OSSの保守継続期間を予測する技術開発に取り組んでいます.本研究は,新しくOSSの導入を検討する組織が,より高品質,かつ,OSS開発者によるサポートが得られる導入時期の決定を支援します.

    sample300

    主な研究成果・外部発表等

    1. Masao Ohira, Yutaro Kashiwa, Yosuke Yamatani, Hayato Yoshiyuki, Yoshiya Maeda, Nachai Limsettho, Keisuke Fujino, Hideaki Hata, Akinori Ihara, and Kenichi Matsumoto, “A Dataset of High Impact Bugs: Manually-Classified Issue Reports,” In Proc. of 12th Working Conference on Mining Software Repositories (MSR2015), 採録済.
    2. Keisuke Fujino, Akinori Ihara, Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, and Ken-ichi Matsumoto, “Toward Monitoring Bugs-Fixing Process After the Releases in Open Source Software,” IWESEP2014, November 2014. Best Poster Award.
    3. [3] 藤野啓輔, 伊原彰紀, 本田澄, 鷲崎弘宜, 松本健一, “OSSの不具合修正曲線に基づき未修正不具合数の予測の試み,” 第21回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE2014), pages 57–62, 2014年12月.